日本への帰化申請手続き

1 日本の地方法務局へ国籍の帰化の申請

日本のお住まいの最寄りの地方法務局へ国籍の帰化申請を行います。
国籍法第5条に外国人の帰化の条件、更に同第8条にその例外規定があり、その3号に「日本の国籍を失った者で日本に住所を有する者」に対しては5条の一部条件(①、②、④)を満たさなくとも帰化を許可することが出来る旨規定されています。

①住所条件 帰化申請時までに引き続き5年以上日本に居住が必要
②能力条件 年齢が20歳以上であって、かつ本国の法律によっても成人年齢に達していること
③素行条件 素行が善良。犯罪歴の有無、態様、納税状況、社会通念で判断 
④生活条件 生活に困ることがなく、暮らせる。生計を一つにする親族単位で判断されるので、申請者自身に収入がなくとも条件を満たせる。
⑤重国籍防止条件 原則として、帰化によりそれまでの国籍を喪失することが必要。
⑥憲法尊守条件

この規定の適用を受ける方は
(1)日本国籍であってその後米国籍を取得された方
(2)日本国籍の両親又は父母いずれかが日本国籍の親が、生まれたお子さんの出生届を、出生後3ヶ月以内に届けなかったことにより日本国籍を喪失されたお子さんは、20歳までに日本に住所を定めれば帰化の申請が出来ます。申請は、帰化の希望者が15歳以上であれば本人、15歳未満であれば法定代理人が行います。
(1)(2)のケースのいずれの方も、日本に戻られ住むところが定まったら、すぐ帰化の申請が出来ます。