日本への長期帰国

米国籍を取得された方が、老後を過ごす為等の理由で日本へ長期帰国される場合の手続きをご説明します。

(1)「日本人の配偶者等」の在留資格で3年間の長期ビザを取得。
日本人の配偶者等とは①日本人の配偶者②日本人の子として出生した者③日本人の特別養子です。さらに長く滞在する場合、日本国内で無制限に更新可能。 日本での活動内容に制限なし。選挙権はありませんが日本人と同じように、仕事をしたり学校に入学することも可能。

(2)「外国人登録」入国後、90日以内に登録(居住地の区役所か市役所)

(3)「再入国許可書」日本を出る前に、早めに申請をする(最寄の入局管理局)。 また、「再入国許可証」を取得すれば、他の国に旅行して再び日本に入国することも出来ます。(1回限り、数次があります)

(4)「滞在期間の延長」滞在期間が切れる2ヶ月前から申請が出来ます。(最寄の入国管理局)